いよいよ、東京オリンピック開催まで4年を切りましたが、オリンピック開催によって風俗街が一掃されるんじゃないかという噂がありますね。

過去を振り返ってみても、万博や日韓ワールドカップの際に風俗店の大規模摘発が行われていました。
国際的に大きなイベントがある度に必ず、大きな取り締まりが行われるんです。


とはいえ、風俗店そのものが全てなくなる事は無いでしょう。
今の世論だと、風俗や吉原などのソープ街なんか別に無くてもいいだろと思う人が大半だと思います。
特に女性はソープと聞くだけで、病気!不潔!キモイ!って言う人もいます。

でもそれ以上に風俗が無くなったら困る!と思っている男性が多いと思っています。


よく、「風俗が無くなったら性犯罪が増える」と言われているけど、私は関係ないと思っています。
一般女性を襲う性犯罪は例え、ソープが無くなったとしても今起きている件数とそれほど変わらない気がします。

でも、今でもヘルス等の本番の無いお店で本番強要をしている方も居ますが、こういう人は増えてしまうかもしれませんね。
なので、ヘルスで無理やり犯した結果、性犯罪に発展する事は多くなりそうです。
ヘルスは18歳以上から働けます。だから、結果未成年を無理やり犯すことになる。
(ソープは20歳から働けます)

こういった違法行為が増えると、摘発対象になります。




あとは、小池さん次第。笑

日本で最も風俗店の多い地区といえば、豊島区池袋。

豊島区出身の小池さん!
池袋を浄化してしまうと税収が減っちゃいますよ。


蛇足ですが、池袋には200店以上の性風俗店があります。
(無届けのお店やサイトの存在しないお店はわからないので、実際はもっとあるでしょうが)
1日に何人のお客さんが風俗店を利用しているでしょう?

仮に1店舗で女の子10人が出勤していたとします。
そして、1人に5人のお客さんが着いたと仮定します。
すると、その1店舗で1日に50人のお客さんが利用した事になります。

利用するコースやオプションで変わってきますが、平均という事で1人につき2万円使ったとします。
この計算でいくと1日2億円の収入が池袋にはある事になります。

よって、池袋の風俗街だけで税収っていくらなんでしょう。そもそもちゃんと収めてる?笑



話を風俗が無くなるか、無くならないかに戻します。




まぁ、小池さんのみぞ知る!笑



でも、近い将来、私がよく利用していた某店は本当に無くなりそうですけどね。
昔、ここに●●学園ってお店があってよく遊んでたんだよ~♪って昔話になる前に満喫しておいた方がいいかも。



それでは、また見に来てくださいね。